今日、仕事で支所に行って来ました。
2回目だったのですが、一人で行くのは初めてだったので、ドキドキ。
と言ってもウーバーでdoor to doorなのですが。笑
今日、体験したことがすごく新鮮だったので、記憶が新鮮なうちに、
急いでブログにupしたいと思います。

マルグオフィス

前にもご紹介しましたが、私の所属する組織は、エジプトの貧困層や、子どもたち、女性たちをサポートしています。
私は日頃、本部のオフィスにいるので完全オフィスワークですが、
支所の人たちは、支援を必要とする人たちに対して仕事をしています。

今日は、その支所の一つである、マルグオフィスに行って来ました。
写真の緑の建物の看板があるところがマルグオフィスです。

本日のミッション

なぜ行ったかというと、冊子作成のための写真撮影です!!
ちなみに私はカメラマンではありませんが、カメラマンとして仕事しに行きました!!

実は、10月末に(おそらく!!)、所属団体主催の、大きな会議があるそうで、それに使う冊子や、フライヤーを作ってほしいと言われました。未だ原稿や、素材が揃っていないので、会議に間に合うのか毎日ドキドキしていますが、とにかく待つしかありません。そもそも最初は10月頭に会議があるって言われていたけど、いつの間にかに月末になったし、月末もまだ確定していないし、一体いつになるかギリギリまでわからないんでしょうね。

その会議はフランスからの支援団体が視察しに来るぐらいしっかりした会議なので、ちゃんとした資料を準備しなければいけないそうです。

そこで、今やっているプロジェクトを説明するための冊子を作らなければいけないので、そのためには写真が必要なので、私がカメラマンとして駆り出されました。

オフィスについて、みんなと朝ごはん食べて(←エジプトの習慣)、紅茶飲んで(←エジプトの習慣)、今回のプロジェクト担当者が出社して、彼女も朝ごはん食べて、紅茶飲んで、いざ出発!!

いつも私の周りは英語が上手な人たちばかりなのですが、支所の人は英語を話せる人が少なく、プロジェクト担当者も英語が話せなかったので、頑張ってアラビア語でコミニケーションとりました。

一体、どこに連れて行かれるのかもよくわからないけど、とりあえず、トゥクトゥクと呼ばれる3輪タクシーに乗り込み、進むこと20分ほど。

ちなみにエジプトのトゥクトゥクはこんな感じ。(同僚ちゃんと写ってなかった、ごめんね。)

こんなところ、カイロにあるの!?というような舗装されていない道路を進んで行きました。道の両脇には捨てられたゴミが山盛りで、なんならラクダが死んでました。街灯もなさそうで、きっと夜は真っ暗だろうし、近くの川がヘドロだらけだったので、上下水道もちゃんとしてるのか不明です。

初めまして、村人さん

そして、担当者に連れられて来たお部屋に入ると、そこには沢山の女性たちが座って待っていました。
プロジェクト担当者によると、Saving boxという活動をしているそうで、要するに、貯金箱の考え方だと思います。
それを地域の女性たちみんなでやっていて、個人で勝手にお金を使わないようにしているそうです。
お金が必要な時は、グループみんなで話し合うそう。

そして、通帳のようなものを個人個人が持っていて、なんとハンコまでありました!!

そのほか見せてもらったのが、ある女性が”アタバ”というカイロにある市場で、洋服を仕入れてきて、この地域で販売したり、小さな商店を運営したりしていました。

おそらく私の所属団体がビジネスのやり方を指導したのだと思います。

本日の学び

よくよく考えると、私の所属団体、市民に対してすごくいいことしてるんですよね。

でもそのすごさがあんまり伝わってない。。。

それをアピールするのが私の仕事なのですね。。。

なんかいつもと違うことすると、すごく刺激になったし、頑張ろって思えたし、活動でモヤモヤしてたけど、また新たにこれやってみよう!っていうのが出て来て、とっても良かったです!

ただ、カメラマンとして何か撮るのも、エジプト人に対して何か本格的な写真撮影をお願いするのも初めてだったからすんごく難しくて大変でした。みんなせっかちだし、すごい動き回るし。

でもいい経験になったのは間違いないです!!

最後に子ども達の笑顔でさようなら。