気づけばもう12月。
ちょうど去年の12月仕事を辞め、11年住んだ東京の生活に別れを告げようとしていた頃でした。
年明け1月からの訓練がどんなに大変か全く知らぬまま呑気に過ごしておりました。
去年の今頃はまだ、同期に出会っていなかったなんて、不思議な感じです。もうだいぶ昔からずっと一緒にいる気がする、ずっと前からの友達な気がするのは過ごして来た日々があまりにも濃かったからかなぁと思います。

そして今日は少し協力隊らしく?エジプトに持ってきてよかったものと、持ってこなくて後悔してるものを紹介します。

持って来てよかったもの

1.Kindle


エジプトの生活ではネットには不自由していませんが、引越してネットが繋がるのに時間がかかったり、支払いの関係でネットが切れたりと、ネット難民になることがしばしば。
そんな時大活躍なのがKindleでした。

そもそも、日本と違って時間があるので、本を読むのに適しています。
恥ずかしい話、日本にいた時は全然本を読んでいなかった私。ほんと1年に1冊読むか読まないか。
でもエジプトに来て、10冊以上は読んだんじゃないかな?読書家さんからしてみれば、そんなの1ヶ月に読む本の数だわよ、はははー。って笑われそうですけど、本当に本を読まない子なので、スゴイキロク。
そして、日本から遠く離れたエジプトでも、ポチッとすれば、すぐ好きな本が手にはいる。持って来る価値ありでした。

2.Hydro Flaskのステンレスボトル


エジプトは夏は死ぬほど暑く、冬は思った以上に寒いです。そんな時に大活躍してくれてるのが魔法瓶。
私は友人からオススメされたHydro Flaskのステンレスボトルを使っています。
最近アウトドアな人たちに人気なブランドですよね?カラバリも豊富でオシャレなのが気に入ってます。

3.小型のデジカメ、高級コンデジ


旅のお供に、一眼なのか、ミラーレスなのか、ただ単なるデジカメなのか色々迷いました。ただのデジカメなら、

新しいiphone買ったほうがいいかなとか、

せっかく買うなら一眼、ミラーレス?とか。

でもよくよく考えたら、私、めんどくさがり。重い荷物嫌。

パッと、すっと、スマートにカメラをだして、日常生活をキロクしたい。

ってなるとコンパクトなポケットに入るサイズのデジカメがいいのでは!?

という結論にいたりました。

でも、最近のデジカメってすごいんですね。とても綺麗で、高性能。
今回買ったSONYのサイバーショットは画質が良くてお気に入り。そして何よりカバンに入れても全然かさばらないし、重くない!

ちなみに私が持っているのはサイバーショットRX100M3というタイプです。
同期の元カメラメーカー勤務君に選んでもらってよかったなって思ってます!その節はありがとう。

持ってこなくて後悔してるもの

1.日本食、特にお味噌とみりん
エジプトに来る時はエミレーツのフライトだったため、預け荷物30kg、手荷物7kgまでという制限でした。
本当に本当に何を持って行こうか超悩み、泣く泣く断念したものがほとんど。

迷った挙句、諦めたのは日本食。

でもエジプトは外国製品に関してとても高い関税をかけるので、外国の調味料がめちゃめちゃ高く、なかなか手が出せません。そして、何より、そもそも売っていないという現状があります。

さすがエジプト、食文化も、中東色濃いめ!!

自炊していて気づいたのだけど、だいたい”みりん”は万能調味料で、どんな日本食も作れちゃう。
そして、”お味噌”があれば、味噌汁といったスープ類から、肉味噌炒め等の炒め料理までなんでも味付けできちゃう!!
お醤油はキッコーマンのお醤油がエジプトにあるので問題ないけど、エジプトに住むなら、みりん、お味噌は必須アイテムだなと思いました。

2.iPad
優秀な相棒Macbook Proがいるのでわざわざipad買う必要ないかなーと思ったけど、エジプトから国外、国内旅行にいくときとか、映画みたいときとか、ipadあったらよかったなーと思ってます。
そして何より、同僚とかに日本の写真や旅行に行った時の写真をパッとみせたりできるなぁと。移動した先でのプロジェクターない時のプレゼンとかにも使えるかなぁと思ってます。
来年家族がエジプトに来るから持って来てもらおうと企んでいます。

3.化粧水
エジプトに来る前、先輩たちからの情報で、エジプトには化粧水が売っていないという情報がありました。
乾燥肌な私には致命的です。実際来てみると、本当に売ってない。みかけるのは、ニベアのローションくらい。
一体どれだけの保湿力があるのやら。
でも持って来た化粧水も無くなりそうなので、そろそろこのニベアのローションに手を出す日が近いです。
化粧水のような液体品ってかさばるし、ある程度の量だとかなり重くなるので、数ヶ月分だけ持って来て、あとは現地でどうにかしようと思って来ました。
幸いなことに、日本に一時帰国した先輩などに少しお願いして持って来てもらったりもしたけど、ちょい足ししていた化粧水ももう限界が近づいています。

これらはあくまでエジプトの例になりますが、これから渡航する協力隊員の参考になれば幸いです。
そして、極論、何もない、不自由な生活は、すぐ慣れますのでご心配なく。
そういう場面にきたら、今あるものでなんとかしようとする自分にきっと出会うはず。