2/27に大きなカンファレンスがおわり
(詳細は前のブログの前・中・後編をご覧ください)
一息つきたいところですが、なぜか仕事の依頼って重なるんですね。

新プロジェクト始動

職業訓練関系の新しいプロジェクトが始動するということで、
フライヤーやら看板やらロールアップバナーの制作を頼まれました。

今回の依頼者は結構優秀で、
ちゃんと原稿を用意してサイズを明記して仕事を回してくれました。
しかし、やはり素材がないといことで、
現場に行って撮影することにしました。

今回は事前に原稿を入手したおかげで、
どんな内容の写真を当てはめるべきか事前に考えることができ、
デザインも撮影に行くまでにある程度形にして、
あとは写真を入れ替えればOKという状況で撮影に臨むことができました。

また、ネットで購入できる写真サイトから、
イメージに近い写真をダウンロードしておいて
それを現場で担当者にみせることで、
私がどんな写真を必要としているのか伝えることができました。

現場は大変、実際そんなに甘くない

しかし実際現場に行ってみると、なかなかそう簡単にはいきません。
まず、現場はとあるボロボロの建物内なのですが、
ライトが十分になく、光加減が微妙。
現場ではトレーナーによるセッションやカウンセリングがあったので、
その雰囲気を邪魔しないようにどこまでしゃしゃり出て行くか
ちょっと悩ましかったです。

ちなみにこれが建物から見える風景。
私のいた建物もこれくらいのレベルでした。

ほんとはこっちに移動してとか、
あなたはここに立ってってもう少し指示したかったのですが
セッションが始まってしまうと中々言い出せずでした。
ですので、室内撮影はあまりいい写真がとれずに終わってしまいました。

うーん、トレーナーからカウンセリングを受けているシーンなのですが
逆光になってしまったし、もう少し二人を近づけるべきでした。

その後、代表3人の女性の仕事現場に行くことができ、
そこで女性の働く姿を撮影することができ、
制作物に使えそうな素材がいくつか入手できた感じでした。

今回行ったエリアは初めて行くエリアでしたが、
普段私が住んでいるエリアとは全く違うコミュニティーなので、
そういうところに行くと、
私はまだまだカイロの一部しか見れていないんだなと感じます。

今回撮影した写真がどう使われたかは、
制作物の印刷が終わり次第、またシェアできたらなと思います。