カイロでの生活も3ヶ月が経ちました。カイロはエジプトの首都ですので、ある程度の物は揃うし、お金さえ出せば問題は解決できる場所です。ただ、今まで30カ国程旅をしましたが、どんな途上国でも首都は近代化されていて、途上国に来た感じがしないけど、カイロは世界的に有名な都市の割に、そこまで近代化していないなぁというのが私の印象でした。人によって感じ方は様々だと思いますので、あくまでも私の意見として捉えていただければと。

近代化されてないと言っても郊外に行けば富裕層が暮らすエリアがあり、そこには巨大モールがあり、IKEAなどもあります。しかし、一般のカイロ市民には値段が高く、外国人、及び富裕層向けといった感じです。さらにカイロは地下鉄もあるし、海外の移動では便利なUberもあります。こんな感じで、カイロは色んなものがあって、紹介したいものが山ほどあるのですが、今回の記事はカイロの乗り物について書いてみたいと思います。

私がカイロで見た乗り物

  • 電車
  • 地下鉄
  • タクシー
  • バス
  • ミクロバス(アイキャッチ画像のもの)
  • Uber(登録した一般市民ドライバーが自家用車でタクシーの代わりをするサービス)
  • トゥクトゥク(3輪タクシー)

普段、移動手段で一番多く使うのが、ミクロバス、ミクロがなければ普通のバスに乗り、バスで行くのが不便な時はタクシーに交渉して乗ったり、タクシーだと値段が高くなりそうな、遠くに行く時はUberを使ったりしています。

カイロといえばミクロバス!!

カイロにきて、かなり強烈だなと思ったのが一番よく乗るミクロバスです。アイキャッチ画像のものです。今回協力隊としてカイロに降り立った時、空港から、カイロ市内に移動する際ミクロバスを見かけた時は、これをどうやって乗りこなすのかとちょっと戸惑いました。運転手、乗員共にローカル色強めです。

ミクロを乗りこなす

乗り方は、道路で走っているミクロを適当な場所で捕まえます。始発などミクロバス乗り場があるところもありますが、そうじゃない時は適当に捕まえることも可能です。捕まえる時は、ハンドサインでどこに行きたいか示します。ハンドサインがわからない時はとりあえず手を上げてバスを止める!!
例えば、私は職場に行く時、レバノン広場という場所で降りたいので、人差し指を下に向けてくるくる回します。
乗車したらドライバーに運賃を渡しますが、後ろの方に乗ったら、前の人の肩をトントンとして、ドライバーに渡してもらいます。お釣りも、前の方から後ろの方へ回って行くし、同じタイミングで数名のれば、誰かが代表してお金を集めてくれて、まとめて払います。前に乗っちゃうと、いろんな人からお金渡されちゃうから忙しいんですよね。伝言言われてもわかんないし伝えられないから役立たず。笑

とにかく写真のようにいつも満員です。


降りたい時は、ここで止めてください!!って言います。一様、乗るときも何処で降りたいって伝えますが、ここで降りる!!って主張もするし、降りる場所が近づいてきたら周りの人も、ここで降りるでしょ??って言って、みんなワサワサします。エジプト人はいい意味でお節介なのです。

カイロのバスを乗りこなす

バスに関してもバス停がある(日本みたいに柱はないです)のですが、適当な場所でつかまえる事も可能かと。乗車したらおじさんがお金を徴収しにきて、支払った証明のバスチケットみたいなものを渡してくれます。写真のものです。

もちろん次はどのバス停に止まる等のアナウンスはないので、今どこを走っているのか注意深く観察する必要があるし、GPSで行きたい場所まであとどれくらいか確認したりしてます。エジプト人はとても優しくて、女性やお年寄りによく席を譲ってくれます。どこどこに行きたいって言ったら、ここじゃないからまだ乗ってなさいとか、1を言ったら10くらい返してくれるんです。
あと、バスに乗ってたら、日用雑貨とか、お菓子とか売ってる商人が乗ってきて物を売り始めます。勝手に人の膝の上にどんどん商品を置いて行って、いらなそうだったら回収して帰ります。実演販売的な、押し売り的な。笑 でも本当に欲しいものを売りにきてくれたらめっちゃ便利だなって思いました!

ちなみにこちらがバスの中です。

気づいて欲しいのは、圧倒的に男性が多いこと。というかこの写真男性しかいませんね。カイロの街、どこもこんな感じです。

カイロのタクシーを乗りこなす

タクシーに関しては少し厄介で、ぼったくり要注意なんですね。
先ずはメーターがあるかどうかを確認するのですが、あったとしても、改造して、メーターの上げ幅がすごく高くなる車もあったり、わざと話をそらして、メーターを使わないようにしたり、とにかく交渉が大変。お釣りがないことが殆どなので、小銭は必須だし、お金は降りてから渡します。じゃないと運賃で揉めたりした時、降ろしてくれないと困るので。

どの移動もとても神経を使うので、移動だけでとっても疲れてしまうんです。道も混んでるし、渋滞だし、排ガス、砂埃もすごいです。色々行くのが好きな私だけど、まだ慣れるにはもう少し時間がかかりそう。
ちなみに信号が殆どなく、歩行者が安心して道を渡ることはできません。3車線なのか、4車線なのか、5車線なのかわからない道路をタイミングみはからって渡ります。毎回命がけ。ここにいる間に、きっと車に足くらいは踏まれるだろうな。気をつけます。