協力隊のイメージって学校の先生だったり、電気や水の不自由な場所で村人と一緒になって仕事する、例えば井戸掘りとか…想像してる方多いかなって思います。
実際、私も募集要項をよく見るまで、WEBデザイン系の仕事の要請があることを知りませんでした。
要請は多岐にわたり、PC関連、教育関連、医療関連、コミュニティー開発関連、私のようなデザイン要請のモノづくり関連などがあります。ちなみにアイキャッチの画像は私のデスク。井戸掘りとは程遠く、普通の会社員のようですね。

そして、募集サイトに掲載されているものと同じですが、私の要請内容をここに記載します。
もし似たような要請内容の方がいれば、ぜひ情報をシェアさせてください。
または、協力隊関係者に関わらず、私こんなアイディアあります!!って方がいれば、どうかアドバイスお願いします。
派遣前の訓練ではアラビア語の勉強に苦しみ(笑)みんなと現地に行ってからどんな活動をするとか、具体的な話ができなかったのが悔やまれます。

要請概要

1)要請理由・背景
配属先は、ストリートチルドレンへの教育活動支援、青少年や女性への職業訓練支援など、社会的弱者に対する幅広い支援を行っている。NGO創設20周年を迎え、今後更にNGOの知名度を上げ、ドナーや政府関係者、地域住民のより一層の理解を得て、支援者を増やしていきたいと考えている。そのために広報面の強化が課題となっている。
広報ユニットのメイン業務は、毎月発行する機関誌の編集である。その他、NGOが所管するプロジェクトのパンフレット制作やWebの維持管理、他団体のイベントのチラシ制作などがある。
そこで、ボランティアからの新しいアイディアによる、HPリニューアルをはじめとしたWeb制作スキルを活用した一層効果的な広報ツールを開発することが期待されている。また、ニュースレターやWebサイト(HP、Facebook、Twitterなど)についての改善強化も期待され、本要請に至った。

2)予定されている活動内容
(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)
同僚とともにNGOの各プロジェクトを取材し、主に以下の活動を行う。

  1. NGOのブランディング力強化に向けた、機関誌の編集サポート
  2. 個々に運用されている各SNSサイトの連動・統一性を意識したWebサイトリニューアル作業
  3. プロジェクト担当者に対する広報研修の実施
  4. プロジェクトのパンフレットの作成

3)ボランティアが使用する機材の機種名・型式、設備等
デスクトップPC、Adobe Photoshop、Illustrator

配属先の現状

要請内容でよく問題になるのが、実際の要請内容と現地に行くと状況が全然違う!!ということです。
私は、幸いなことに、私が赴任する前に2年間働いていた先輩ボランティアさんが居たので、その方から詳細な情報を入手することができ、
ある程度現地の状況がわかってスタートできたかと思います。
また、日本で仕事をしていて、1年後は現状が違っているなんてことよくある話だなぁと思っていたし、むしろ1年も現状をキープできる方が奇跡なので、ある程度の違いは想像していました。
そして私の配属先の現状としては広報チームとして何かをするというよりかは、私は一社員として、社内唯一のデザイナーとして、個人プレーで仕事をしている状態です。また、WEBサイトもデザインを担当していた社員が退職してしまってから放置されているようで仕事は山積みですね。

赴任してからのこの1ヶ月の具体的な仕事など、また日を改めて紹介します。