カイロに来て半年が過ぎました。
暑い暑い夏も終わり、最近は朝晩涼しく、気持ちのよい季節になりました。
日中は30度近くありますが、真夏は40度くらいだったので、全然違います。

この半年間、自分の中の日々のルーティーンを作ろうと色々試行錯誤してきたものの、実は未だに、なっかなかルーティーンが定まらない。
そんな状態ではありますが、今回は今の私の日常を書いてみます。

日々のお仕事

私の正式な勤務時間は9:30-17:00までの残業なし、休日出勤なし。
日本のみんななら「勤務時間短い!!」「残業ないなんて!!」って思いますかね?
でも、驚くなかれ、一般的なエジプト人は14時くらいに仕事終わります。

しかし、一つの仕事だと給料が安過ぎて、仕事を掛け持ちしている人も多いようで、14時くらいに終わると、一旦家で休憩後、夜シフトの仕事に行く人がいるそうです。

ですので、17時まで仕事がある私の職場はちょっと特例かもしれません。
エジプトの協力隊員も、14時、15時には仕事が終わるので、私の仕事が「長くて大変だね」と言われます。

ちなみに、私の職場のみんなの勤務時間は9:00-17:00で私より30分前始業だけど、だいたい10:00くらいまでに出勤するっていう意識でいるので、30分ほど私より遅く来ます。笑

もう一つ日本と違う点は、”お昼休み”の時間がないこと。
先ほど記載したように、ほとんどの職場が、14時、15時に終わるので、家に帰ってから昼ごはんを食べるみたい。
ちなみに、エジプト人は朝ごはんを10時、11時とかに職場で食べるのが慣例。

なので”お昼休み”というオフィシャルな休み時間はないけど、私の職場はみんな好きに朝ごはんやお菓子を食べておしゃべりして、勤務時間の半分は手じゃなくて、口を動かしていますね。笑

帰宅後の過ごし方

わたし、日本にいたときメイドオブコンビニでした。
えぇ、毎日コンビニ弁当で生きていたんです。
ほんとに典型的な、仕事と家の往復をしていたので、会社を出るのが日付が変わったころで。
今考えたら恐ろしい!!

そんな生活をしていたので、休憩は会社の近くのセブンで買ったお弁当を食べていました。
ちなみに女子が食べる可愛らしいサイズのお弁当ではなく、がっつりしたやつ。笑
でも、ここエジプトには、コンビニなんてないし、もちろん成城石井にあるような美味しいお惣菜も買えない。

なので、帰宅してからはお料理をちゃんとしています。
私は絶対料理できない、結婚したみんなが毎日料理して、ほんとすごすぎる!!って思ってたけど、どうしてもやらなきゃいけない状況になると、ちゃんと出来るようです。

しかも、先輩をお家に招待して料理を振る舞ったりできるようにもなりました。

奇跡!!

そして、今日の夜ご飯はフライパンでシンガポールチキンライス作りました。

調味料は色々限りがあるけれど、色々試行錯誤したらいろんな料理ができることがわかりました。コンビニガール卒業!!

ということで、帰宅したら先ず料理をしております。
ちなみにアイキャッチ画像はよく行く牛肉屋さん。
エジプトのお肉は外に吊るされるのが一般的です。
スーパーの半分の値段で買えるのでこのお店の常連です。

あと、エジプトはイスラム教徒が多いため、豚肉はほとんど買えないし、カイロは魚介類が高いので、料理のチョイスは鶏肉か、牛肉か、野菜の3つのルーティーンです。

お家での過ごし方

料理の他に何をしてるかというと、実は結構家でも仕事しちゃったりしてます。というのも職場のネット環境が遅いので、仕事がはかどらないことも多々。そして、全くネットがつながらず一日無駄にすることも多々。一度素材をもらったらなるべく早めに仕上げちゃいたいので、家でやることもあるんです。でもそれは良くないなぁと思うので、なるべく仕事以外のことに時間費やそうと思います。

他にはオンラインでコーディングの勉強したり、デザイン作ったり、気が向いた時にアラビア語やったりしているけど、どれも心から楽しいって思えてないから続かなくて。なにかピンとくるものがないかなと模索中。

最近出会った楽しいこと!

そんな中、最近1つ日々の生活が楽しくなることが一つ増えました。
それは家から徒歩で行ける雰囲気の良いヨガスタジオでのヨガレッスンです。
実は前に4ヶ月ジムの会員になってみたのですが、とにかく体を動かすだけって自分にはどうしてもあってなくて、
段々、ジムに行くのが億劫に。。。そしてジムの会員ならヨガレッスンも会員費に含まれてたけど、雰囲気や、先生のスタイルもピンとこず。

でもある時ネットで見つけたヨガスタジオはレッスン数も豊富で、値段も日本に比べたらリーズナブルで、なによりスタジオの雰囲気が良くて、通いたいなって思える場所でした!!

普段は、私が私が!!という前のめりなエジプト人ですが、ヨガ中は呼吸を落ち着かせ、黙って目の前のことに集中する。

そんなエジプト人の姿を見るのもまた新鮮です。といっても、ヨガをするのは富裕層、そして服装をみても敬虔なイスラム教徒ではなく、たとえエジプト人であってもオールEnglishのレッスンで、エジプトっぽさはないかな。

それでも絶対的なイスラム色が強いエジプトで、こうして別の宗教の要素が混じったヨガをするエジプト人をみれるのはちょっと新鮮。そして、この中東の地で、ナマステ〜やシャンティ〜などのヨガワードをきけるとなんかすごく嬉しい気持ちになりました。

特に映える写真もなく、ただただ日常を書き留めた記事になりましたが協力隊員の日常生活が伝わればいいなと思います。
とりあえず、日本より100倍時間あるけど、ちょっとしたことに疲れてしまって、時間を有効活用できてないなというのが私の今の悩み。

世界各国に散らばった協力隊員はみんなどんな生活をしていますか?

ぜひ教えてください。